加盟店キーパーズコラム『遺品整理屋は見た! Vol.53』

 

さぼれるということ


ある地方の新聞にコラムを載せている、私の友人(8?歳)の女性とのお話です。
知り合いでもなく名前も知らないけれど、散歩に行くといつもすれ違いに挨拶をする人がいたそうです。久しぶりに散歩に出たら、いつものようにその方も散歩をされていて、「こんにちは、お身体は大丈夫ですか?」と言われたそうです。
そこで「こんにちは元気ですよ、ちょっとさぼっちゃいましてね。」と返事をしたそうです。すると、その方は「さぼれるってことは、自分が元気でまだ先があると思うからで良いことですよ。私なんて90歳を超えて体調もよくないから今日が最期かもと思うのでさぼれないんですよ。」といって笑って通り過ぎていかれたそうです。
そうですよね、人が後回しにするということはまだ次の機会があると思ってるんですよね。
ある意味、今日しかないと思って生きるといいかもしれませんね。

 



バックナンバー:

Vol.51 「事故物件」という言葉による心理的影響

Vol.50 「祭祀財産」にも相続税がかかるのです

Vol.49 不動産の売却希望者の増加

Vol.48 ロビーも駐車場はガラガラなのに・・・

Vol.47 コロナによる気づきと、価値観の変化